妊娠を希望する人は、妊活中に葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に載ってい立と、友達が教えてくれました。その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な成分らしいです。




妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。


野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。手軽に摂るなら、サプリを利用すればお奨めだそうです。




調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。


みなさんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、不足しやすいものです。普段のご飯で得られる量では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、ご飯で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお奨めですね。



最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、こうしたサプリを選ぶと不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。





この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。




では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。



確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。


ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんだと思います。



葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少指せるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が最も注意する期間ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨しているワケであって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではないのです。





私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。





結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、やりきれない気分でした。



産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。



病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはエラーでした。


もっと早く来たかったですね。妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聞かける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。


受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、ご飯で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。


少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと母から聞いたことがありましたから、その友達に教えてあげました。





妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになって欲しいと思うので、お腹の赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなとおうえんしています。野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜に多く含まれています。妊娠した後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるそうです。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。


納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をお奨めします。葉酸は多様な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。


 タグ